銀行でも買える!しっかり実績をチェックして投資

銀行で購入することが可能

株式投資をするとき、証券会社で口座を作る必要があります。その他の金融機関では購入することが出来ません。一方、銀行の定期預金は銀行でしか利用することが出来ません。銀行でも証券会社でも購入できる商品としてファンドがあります。株式や公社債、その他の投資商品に分散投資している商品で、それぞれの金融機関ごとに多くの商品を販売しています。銀行などで口座を作ることで、好きな商品を購入することが出来るようになります。

過去の実績からランキングをチェック

株式は、それぞれの会社の業績を見て投資をするかどうかをチェックします。決算書であったり、決算予測などいろいろな情報を元に投資をすることが出来ます。ファンドは、ファンドマネジャーと呼ばれる人が組み込む商品を決めて投資を行います。ランキングをチェックするときは、過去の実績を見ることになります。この1年でどれくらい価格が上がったか、基準としている指標に対してどれくらい一致した運用がされているかなどを見ます。

一度にたくさんから毎月積み立てることも可能

銀行預金などでは、まとまったお金があるなら一度に投資をすることが多いでしょう。でも、ファンドの場合は価格が常に変化しています。まとまったお金があるからと一度に購入すると、価格が高い時に買ってしまう可能性があります。大きく下がった場合、すべて一度に下がってしまいます。買い方としては、一度にたくさん買う方法もありますが、毎月少しずつ積み立てる方法もあります。ドルコスト平均法によって、購入価格を平均化することが出来ます。

ファンドのランキングに目を向けることで、株式投資の経験が浅い人であっても、有意義な投資先を選べます。