信用取引の方向性について!資産運用とは!

信用取引といっても色々とあります

信用取引といってもやれることはいくつもあります。例えば株式もそうですし、先物投資もそうです。更に言うのであればFXも最近ではとても人気がありますから、そちらも注目するとよいでしょう。なにがよいのか、ということははっきりいって何ともいえないことになります。基本的に好きな投資をすればよい、といっても過言ではないでしょう。具体的にはどれもリスクが高くなってしまうのですが、その点をよく考えた上で決めると良いです。

レバレッジをどの程度にするのか

信用取引には、考えることがいくつかあります。それはレバレッジになりますが、これは要するに何倍の取引ができるのか、ということになりますから、覚えておきましょう。そして、高すぎるとあまりにもリスキーになります。こうした取引をするわけですから、担保が必要になるのでは、と思うかもしれませんが、実は不要とはいいませんが不動産などが必要になるわけではないのです。具体的には元金となる証拠金が担保のような扱いになります。

基本的には担保は不要

担保というのは、要するにいざと言う時の為の物になります。例えば銀行などであれば担保の7割程度が融資の上限とされていますが、信用取引ではそんなことをいっていられないのでそこまで担保に意味があるというわけではなく、むしろ、担保を取るような手間のほうが面倒になるのです。ですから、FXでも株でも信用取引をするからといって、担保を取る、ということはしていないほうが多いでしょう。あまりにも非効率的であるからです。

信用取引の担保となるものは、現金の他に株式や有価証券などが有ります。しかし有価証券などの価値の変動があるものは時価での評価ではなく一定の割合をかけて評価されます。