学歴をいかした大学生のバイト!家庭教師の特徴と注意点

家庭教師は時給が高めで、交通費支給が一般的

家庭教師は誰でも出来るというわけではなく、学歴があることや、子供を預けていただくだけの信頼を得られる人であることなどが求められます。そのため家庭教師の多くは、大学生かプロ講師に限られ、他のアルバイトに比べて時給が高めなのが特徴です。時給は講師の力量と生徒の目的や年齢によって決まります。大手の家庭教師センターに登録している場合は、センターが決めた値段となりますが1500円位から3000円位までが多いようです。また直接契約の場合も、1500円以上というのが一般的で人気の先生になると時給5000円以上というケースもあります。また講師料とは別に交通費は、公共のバスや地下鉄などの往復料金実費を受け取るのが一般的です。

先生として敬意をもってもらえる仕事

家庭教師はアルバイトといえども、先生業です。ですからご家庭から報酬をいただきながらも、雇い主と労働者というような関係ではなく、敬意をもって「先生」と敬語を使って接してもらいやすい仕事です。また仕事も細かいマニュアルに従うというよりは、創意工夫をしながら自由裁量で生徒の学力を伸ばしていく面が他の仕事に比べて多いです。指導先でお茶をいれてもらえたり、生徒の学力が向上したと喜んでもらえたりとやりがいも感じやすい仕事です。また報酬とは関係ないですが指導の後、家庭の好意でお菓子やお食事をいただけるケースもあります。

本気で働こうと思うと厳しい世界

仕事は通常一回2時間程度で、週1回から2回夜か週末というケースが多く、自らの勉強など忙しい大学生のアルバイトとしては、時給的にも拘束時間も短く割の良い仕事です。ただし、報酬が目的で本気で家庭教師業をしていくとなると大変な面もあります。というのは、時給がよくても一回の仕事時間が短く、夜か週末の依頼がほとんどなので一日あたりで稼げるお金は実はそう多くないからです。時給2500円で一回2時間の生徒がいる場合、移動交通時間も含めると往復1時間程度かかる場合が多いです。この時給で、一日1件2時間とし複数の過程をかけもちして週5日働いた場合は、日当5000円×20日で10万円にしかなりません。夏休みなど、日中フルタイムで複数の過程を担当する場合は、もっと高収入になりますが、逆に受験が終わった2月頃など閑散期もあります。またせっかく良い生徒を指導していても、生徒の引越しや受験の終了、ご家庭の意向などで契約が終了になる事も多く、1~2年サイクルで生徒の交代がありがちなのも、注意が必要な点です。

家庭教師のバイトは一般的な小売業のバイトに比べると、短時間で高収入になります。少しでもいい条件を探すのであれば、ネットでの一括登録により早く簡単に見つけることができます。