株式投資の基本的な考え方についてのこと!

信用取引が意外と楽にできる

株式投資において、意外と信用取引というのは有効的です。どちらに動くのか、ということがそこまで予想が難しくないと言われています。だからこそ、信用取引がお勧め出来るわけです。もちろん、これは銘柄次第ではあります。そのあたりのことは知識があってこそ、ということになりますし、思わぬミスもあるでしょう。はっきりいって予想することができない世界的な事件などもあるのでやはり信用取引自体はリスクになるのは間違いないです。

金利を得る方法として

株式投資でも金利を得ることができます。これは配当金ということではなく、本当に金利です。それが貸し株というやり方であり、持っている株を貸します。そうすることによって、その株の分の金利を得ることができるようになっています。それが貸し株サービスになりますから、こうした方法で収入を得ることができる、というのは知っておきましょう。必ずしもお勧め出来るとも限らないやり方ではあるのですが、知っておくことにはメリットがあります。

信用取引とは要するにレバレッジが

信用取引というのは、少しでもレバレッジをかけることになります。つまりは、総合的にマイナスになることもあるわけです。これは元金が割れる、ということではなく、元金すらなくなる、マイナスになる、ということです。これはよくよく理解しておくべき点であり、はっきりいって最も大きなリスクであるといえるでしょう。しかしながら、それでもリターンが大きくなる、という意味ではかなりお勧め出来るやり方になることもあるのです。

株式の信用取引の金利とは、信用取引をする場合レバレッジをかけて株を購入する際にお金を借りるのでそれに対する金利になります。空売りの場合は貸株料がかかります。他に信用取引に手数料がかかる場合もあります。