声優がいなければテレビ番組は作れない!!

テレビには欠かすことができない

テレビ番組を作成するためには、テレビに出演する人のみではなくて、テレビには出演せずに声のみを使用している人もいます。声のみで仕事をしている人を声優と言いますが、声優は声のみを使用して仕事をしているために様々な声を出すことが可能です。様々な声を出すことが出来ないと仕事がなくなるため、声優は七色の声を必要とします。アニメの声を担当している声優は常に同じ声を出すことが求められていますが、これも一つのテクニックと言えるでしょう。

ナレーションも声優の大切な仕事です

アニメだけではなくて、旅番組などでナレーションをしている人も声優です。ナレーションはテレビ番組を盛り上げてテレビを見ている人の注目集める大切な仕事です。ナレーションをする場合には声のトーンを変えながら現場の雰囲気を視聴者に伝えています。つまり、視聴者を集めるためにはナレーションを担当している声優の実力次第と言えるでしょう。ナレーションは文章を読むだけではなくて、感情を入れることで視聴者に状況を正確に伝えることが出来ます。

声優は声が商売道具です

声優は声のみを使用して行う仕事なので、普段から声を大切にしています。万が一、声がかすれてしまうと仕事がなくなり、仕事がなくなるでしょう。そのために、風邪にも十分に気を付ける必要があり、健康にも気を使わなければならないのです。声は一人ひとり異なった声を持っているために風邪などで欠席をしても代役がいない仕事です。代役がいない仕事なので、非常に大きなプレッシャーを背負いながら日常生活を送りますが、プライベートでも声のみでバレてしまう場合もあるでしょう。

声優の養成所は声優になるために必要不可欠の登竜門です。プロダクションと直結しているため、声優の事務所に所属しやすくプロになりやすい環境と言えます。