ファイナンシャルプランナーの資格を手に入れるための【必須勉強法3種】

資格を取得する目的・理由付けを明確にする

ファイナンシャルプランナーの資格を取る際、必要な理由やその目的を明確にする必要がです。『何となく』という理由では難しく、残念ながら勉強が身に入らないからです。例えば、『就職活動にどうしても必要だから。』や『出世や給与アップに繋がるから。』、『身の回りの金銭問題を解決したいから。知りたいから。』というような目的・理由を明確にしましょう。こうった目的・理由によって、ファイナンシャルプランナーの勉強対して抵抗がなくなります。

参考書や問題集を何周もこなす

ファイナンシャルプランナーの資格取得のためには、多くの知識とその使い方(実践方法)を学ばなければなりません。それを簡単に達成する方法として、参考書や問題集を何周もこなすと良いでしょう。一周目で量を知る、二周目で少し覚える、3周目以降で確認テストをこなしながら残りを覚えていく、というように周毎に目的を持っておくと効率良く勉強することができます。特に、問題集を何度も解くことで、問題の解き方と知識の確認を同時にこなすことができるため、オススメの勉強法になります。

過去問に必ず触れておく

ファイナンシャルプランナーは2つの試験があり、1つは知識の確認、もう1つは実技試験となります(実技といっても、実際にファイナンシャルプランナーの仕事をするわけではありません)。過去問を通すことで、試験がどういうものかを知ることができ、さらに『覚えられていないもの』をあぶり出すこともできます。ここで重要になってくるのが、ファイナンシャルプランナー独自の計算方法の確認です。試験本番では、電卓を使うことが許されているので、それに慣れる意味でも過去問は必要不可欠になります。

お金の勉強として一般の方向けにファイナンシャルプランナーの講座が近年多く開かれています。無料講座も多数あります。